top of page

​ネオクラシック

​最も有名なものはヴェルサイユ宮殿の ”Le Petie Trianon" 「小トリアノン宮」です。また、自然回帰への志向が高まり、一角に田舎風の疑似的な小村落が作られました。王妃マリー・アントワネットが牧歌的な生活を楽しむために作られたといわれています。

​【建築】

​【家具】

​溝彫りを施した直線的な脚の椅子に特徴があり、家具材にはマホガニー、ウォルナットが多く用いられました。美的感覚に優れた王妃マリー・アントワネットの家具が代表的です。

ルイ16世の時代(1760~1789)に流行した、古代ギリシャ・ローマの復刻様式です。この頃行われた古代ローマ、ギリシャ遺跡の発掘調査により、古典古代への関心が高まり、それまでのロココ様式の甘美すぎるデザインに反発し、古代ギリシャ・ローマの直線的でシンメトリーな構成を取り入れました。

bottom of page